2011年11月21日

趣味のひとりごと。

市販ドールをほとんど持っていないせいか、やっぱり大量生産のドールを見ると違和感がある。
肌の質感とか、あんなに固くないし。てかってないし。形も余計なとこみんな削ぎ落とされて、違いは肌の色胸肩幅とかそんなもん。型みたいで肉感の欠片もない。
市販ドールは可愛らしいそれはそれは可愛らしいけど、でもなんなんだろ、目が大きくてたれ目まつ毛育毛剤長くて、みたいな、結局萌えの延長線上にあるみたい。カスタムも結局自分好みの可愛らしさを求めてるわけで、それもとても魅力だしいいと思うけど、人形の中にある人間的なリアルはどこにあるんだろうというか。結局球体関節だろうがなんだろうが、フィギュア的感覚じゃないんだろうかという偏見が私の中にある。

ビスクも型を作れてしまう時点で作ることに消極的になってしまうんだよなあ。あの肌の透明感質感は粘土も叶わないけど。


もともと私はドールが好きというより作ることが好きだしな。まつ毛育毛剤
糖尿病 食事じゃないと駄目!ってわけではなさそう。
そしていいながら私も最初の子はたれ目で可愛いイメージの子を作ったわけですが。
それでも人形が欲しいとは思わない。買いたいとも思わない。
そうじゃなくて、もっと脚の肉のぷにっと感とか、関節一つ一つの綺麗さとか、肌の質感とか、そういうのをあらわしたい。同じ可愛さでも、人間の存在感とかリアルさの先にあるその子の性格の可愛さが出したい。
陽月ドールみたいな、どこにでもいそうな女の子の顔した人形が部屋の隅にいて、そっとこちらを見つめているのがいい。いつまでも変わらない姿に何かを見いだしたい。陽月先生の言う"主張しない人形"を作りたい。


とか偉そうなこと言ってまだ2体目作りかけ段階っていう。情弱で何もわかってないやつがと馬鹿にされるだろうか。人形もすぐに飽きてしまうんだろうか。
カスタム好きで情報に強いさちこの前じゃ言えないから(笑)ここな長々と吐き出した次第でございます。
posted by カケス at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。